ソアリング & セーリング日記 大串 Masala 初飛行

10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

大串 Masala 初飛行 


2015.06.22
Mon
15:15

北東風3mとの予報を受け、Masalaの初飛行は急遽 鶴市から大串に変更して行った。
ランチは千葉さんに、撮影は時岡さんにお願いした。ありがとうございました。
s15062215.jpg
飛んでしまうと大型機ゆえどっしりとした飛行、高翼面荷重の機体ながら2~3mの微風にも良く浮いて、気持ちよく滑空して 初飛行は問題なく終えた。やはりこの機体はスロープ向きだと思う。 
s15062239.jpg
2時過ぎに到着して店開き。Masalaに加えてCyclone、Duo Discus を持ってきた。
s15062201.jpg
テント下にはモルタル製のかまどが出現。女性が一人で窯口のあたりを成形していた。陶器などの焼き物を作るのかと思ったらピザ窯。さぬき市の町おこしプロジェクトの一環で窯のキットを購入して作っているらしい。このあと表面にタイルを貼ると言っていた。ノマドカフェで売るのかなと思ったら関係なく、イベントなどで出店するとの事だった。機会があれば食べに来ますと約束。
s15062202.jpg
1番機は時岡さんのピメンタ。
s15062204.jpg
さっそく高~く飛ばしていた。
s15062203.jpg
人が居ないので芝生広場に着陸。
s15062205.jpg
s15062207.jpg
千葉さんが到着して、さあMasalaの初飛行だ。
s15062208.jpg
千葉さんにホールドしてもらってモータが回るのを確認。
s15062210.jpg
傾かないように翼も支えて水平以下に押し出してとお願いしたが 少し上向き
s15062213.jpg
Go! さらに上向いたが何とかプロペラで持ちこたえた。
s15062214.jpg
3kg超の機体ゆえ加速は緩慢だ。フライングテールのトリムがアップ気味だったのを抑えながら徐々に上昇して行く。 
s15062223.jpg
モータカットして滑空に移る。
s15062224.jpg
エレベータトリムを取って一安心。
s15062228.jpg
モータON。急上昇は無理だがスロープでは十分か。
s15062232.jpg
s15062233.jpg
バタフライ時のエレベータダウン設定は取説で5mmとあったが不十分。10%ほどだったのを40%ほどにする必要があった。 
s15062242.jpg
s15062245.jpg
10分以上楽しんで1stフライト無事終了。満足、満足。
s15062247.jpg
千葉さんは大串での飛行は初めて。グライダーを飛ばすのかなと思ったらいつものHandymanからだった。
s15062248.jpg
曇り空で背景が真っ白なので空間失調になりませんかと聞いたら、「広いので気持ちがいい」との感想だった。
s15062249.jpg
ちょうどやってきた家族の子供がブ~ンと言いながら上空を指す。
s15062250.jpg
無事着陸。
s15062251.jpg
時岡さんの2番機はアーバン。
s15062252.jpg
s15062253.jpg
s15062254.jpg
s15062255.jpg
3番機はReiherだった。
s15062256.jpg
s15062258.jpg
s15062260.jpg
s15062265.jpg
千葉さんのDragon Fryが Go!
s15062274.jpg
滑空に移る。この機体もどちらかと言うとスロープ機だ。
s15062276.jpg
s15062277.jpg
高く飛ばしているのを目線以下に下げてもらってバックに島を入れる。
s15062279.jpg
s15062282.jpg
着陸進入。
s15062287.jpg
ペラが回っている。どうしても草に突っ込むのに馴染めず広場への着陸になった。
s15062288.jpg

川上の3番機 Duo Discus はバンジーゴムでショックコード発航。
時岡さんにホールドしてもらって発航したのだが初速が足りず棒立ちに。何とか頭を抑えて立て直し、柵は越えたのだが速度が足りず翼端失速。ふらふらと草むらに沈んだ。
スロープを俯瞰しても機影は見えず。サーボ音が何とか聞こえる(せっかく高山さんに頂いたブザー搭載をいつも忘れる・・・)方向を見るとかなりの藪だ。手袋と鎌を用意してこんもり茂った藪に近づいても機影はない。音はさらに下からしている。なおも下ると1.5mほどの段の下の桜の木の枝に引っ掛かっているのを発見。斜面なのでそんなに高く見えないが、木の下に下りると5mほどと高かった。木の下には1.5mほどのササが茂っていて落ちても柔らかそうと思って木登り開始。幸い下の方にも枝が張っていてするすると登れた。機体は1~1.5cmほどの梢に引っ掛かっていて体重を掛けて揺すっても落ちそうにない。そろそろと5cmほどの枝に寝そべるように体をあずけ、枝を1本1本折って何とか地上に下ろせた。
ここから上に戻るのが大変だった。周囲に木々の隙間は見えず、まずは主翼を分解。3ピースになった翼と胴体をちょっとずつ上に投げ上げてからまずは段を登る。下りるのは簡単だが上がるのは大変。それでも木の根やツタをつかみながら何とか1段。あとは背丈以上のササ。イバラは無かったがツタがあって足を取られて中々登れない。力を入れて胴体を投げ上げたら中に入れた鉄カンザシが大きく動いて大きな音がした。
s15062291.jpg
回収して戻って来るのに1時間ほど。大汗をかいてしまった。
s15062289.jpg
幸い外観上は無疵。ところがワイヤー引きのラダーホーンの片側が折れていた。後重心だったのではないかと確認したが問題なし。バンジーフックの位置も重心から10cm以上も前で問題なし。やはり少し初速が足りなかったか・・・。
4月25日にはエレベータホーンが外れていて飛ばせなかったDuo Discus。今回も不発に終わった。ピュア機の稼働率は悪いなぁ。
s15062292.jpg
既に5時前になっていて、最後にMasalaをもう一度飛行。
5時15分には撤収。帰路を急いだがタダノ志度工場の就業時間は終わっていて通勤ラッシュが始まっていた。11号に出るのはすごい車の列。並行した裏道を塩屋まで走って11号に出て、何とか6時には帰宅できた。ラッシュにしては早かったかな。
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 鶴市  | h o m e |  蓮池 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1188-bada87d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top