ソアリング & セーリング日記 第79回蓮池レガッタ

06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

第79回蓮池レガッタ 


2015.04.26
Sun
08:25

シーウインドクラス第1ヒート スタートの様子。(撮影:高山さん)。北寄りの微風で南東隅からのスタートとなった。
s15042605.jpg
昼食後の集合写真。3カ月ぶりに高山さんが参戦。三徳さんが初参加。日曜開催で橋本さんも参加してくれた。好天に恵まれて暑いくらいの陽気だった。
s15042615.jpg
シーウインドの艇数が増えてきたので久しぶりにクラス別レースを行った。各クラス6ヒートと混合レースも6ヒート行ったので合計18ヒートを4時頃までかかって何とか消化した。フルエントリーは倉科さん、大内さんと私の3名。お疲れさまでした。

結果(詳細はMSFA HPを参照願います)
・シーウインドクラス
1位 川上 7 点
2位 倉科 11点
3位 橋本 13点
4位 多田 18点
5位 大内 23点
6位 平田 26点
7位 三徳 32点
・グレーシャスクラス
1位 高山 8点
2位 地濱 9点
3位 倉科 14点
4位 川上 15点
5位 大内 23点
6位 山田 29点
・混合レース
1位 川上 グレーシャス/シーウインド 7点
2位 高山 グレーシャス 9点
3位 山田 グレーシャス 15点
4位 倉科 シーウインド 15点
5位 橋本 シーウインド 25点
6位 大内 グレーシャス 26点
7位 多田 シーウインド 36点
8位 地濱 グレーシャス 42点
9位 三徳 シーウインド 42点
10位 平田 シーウインド 45点
 
出艇風景。
s15042601.jpg
s15042602.jpg
第1ヒート スタート前。
s15042603.jpg
久しぶりの参戦で楽しそうな橋本さん。
s15042604.jpg
10:09 スタート
s15042606.jpg
s15042607.jpg
第2ヒート 上マーク手前。
s15042609.jpg
倉科艇がトップ回航。川上艇、大内艇が続く。右3艇は全てカーボン艇でハルが大きく見える。軽いので良く浮いているようだ。
s15042610.jpg
s15042611.jpg
下マーク回航。川上艇が倉科艇を抜いている。このあと大内艇が大逆転でトップフィニッシュした。
s15042612.jpg
午前中にシーウインドクラスを3ヒート、グレーシャスクラス2ヒート 計5ヒートを消化してお昼。

午後からのレース開始。
s15042616.jpg
12:24 シーウインドクラス 第4ヒート スタート。
s15042617.jpg
s15042619.jpg
s15042620.jpg
上りレグで川上艇と倉科艇がミート。ポートタックの倉科艇がスターボードタックの川上艇の前を通過できるかどうか微妙な位置だ。
s15042621.jpg
倉科艇は結局避ける事にしたのだが、回避が少し遅れて川上艇の横っ腹に乗り上げた。
s15042622.jpg
漁夫の利で大内艇がトップ回航。
s15042623.jpg
橋本艇、多田艇が続く。幸いにも 絡みからすぐに離れた川上艇も後を追う。
s15042624.jpg
下マーク回航。
s15042625.jpg
s15042626.jpg
s15042627.jpg
s15042628.jpg
s15042629.jpg
2回目の上りレグで橋本艇が大内艇を抜いてトップに。大内艇は風位に立って止まっている。多田艇が右からスターボードタックで迫って来る。
s15042630.jpg
やむなくタック。大内艇はセールサーボが突然動かなくなったそうで、このあとリタイア。
s15042631.jpg
s15042632.jpg
橋本艇がトップになって上マークに迫る。
s15042633.jpg
橋本艇回航。25はリタイアして引き返す大内艇。
s15042634.jpg
下マーク手前。
s15042636.jpg
s15042637.jpg
s15042638.jpg
多田艇、倉科艇が続く。
s15042639.jpg
グレーシャスクラスレースの写真を撮ってもらうのを忘れていて1枚もありません。ごめんなさい。高山さん撮影ありがとうございました。
スポンサーサイト

category: ヨット

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« ナカンダ浜  | h o m e |  大串 »

コメント


今回、マーク回航が非常に綺麗だったと思いました。接触がありそうな場面も何回かありましたが、権利艇の邪魔をせずに上手く回避しているところが見られました。
できれば、当事者同士が4艇身に入る前から声を掛け合って回航すれば、もっと綺麗に、どちらも無駄なく回航できると思います。
しかし、スタートの際や帆走中で、風上艇が風下艇がいるにもかかわらず、風下に落としてくる場面が見受けられます。
ともに、風下艇がちょっと風上にバウを振るだけで接触してもおかしくない状況まで、寄っていますね。
接触すれば、もちろん風上艇はワンタックワンジャイブが必要です。
【2015/04/30 16:29】
URL | 高山 #Jr4WCcEI *編集*

高山さん コメントありがとうございます。
写真撮影もありがとうございました。私はフルエントリーだったので全然撮れませんでした。
このところ皆さん上手くなっていて、差がつかず大集団での回航ケースも多々ありましたが概ねスムーズに回れていましたね。北東、北西のマークは遠くてダンゴになると自分の艇が見づらいですけどね。
【2015/05/04 08:52】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1168-c01a9724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top