ソアリング & セーリング日記 Graphite Ⅱ 電動化

06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

Graphite Ⅱ 電動化 


2015.01.30
Fri
17:21

F3J機GraphiteⅡの電動化が完了したので改造経過をまとめてみた。
気になる重量だが2,055g 改造前の1,830g?から225gの増加となった。
s15020201.jpg
篠原さん、平尾さんのF3B機を改造した電動機の飛びを見て、私も3mクラスのシャーレ翼電動機が欲しいなと思っていた。
手持ちのB機はPike、Fazer、J機はGraphiteがあるがノーズコーン式だったり、ノーズ断面が円形でなかったりで改造は難しそう。
RC Sailplane で電動専用機を見てみると
・RCRCM : PredatorIII-E Span 3m 9.9万
・NAN model : Xperience PRO-E Span 3.3m 11.4万だ。
いずれもノーズカットしてあるし、尾翼サーボを胴体後部に組み込めるようになっていてメカ積みは簡単そうだが、円安のせいか ちょっと高い。

1月8日:篠原さんに相談してみたら手持ちの機体の中で、唯一電動化できたのがノーズコーン式のストラトス4だった由。新年会時に見せてもらうことにした。
1月9日:篠原さんから参考写真を送ってくれた。ノーズコーンの中のフレームがグラファイトと似ている!尾翼サーボの位置はピュア機の時のまま動かしていないそうだ。モーターはライゼナウアーのギヤダウンだそう。豪華…!
メカレイアウト
受信機は2.4G化で薄くなっているのでサーボの後方に移動。アンプは電池の下だ(透明シュリンクチューブ)。
受信機側
こんな感じでぎっしり詰んでいるが何とか収まっている。2,350gだそう。
Lipo搭載2350g

結局 篠原さんのストラトスを参考に、手持ちのGraphiteを改造することにした。
ノーズコーン式なので電池ハッチを加工する必要があるが、先端の断面は円形なのでカットするだけでスピナーに合う。
Pikeはキャノピー式なのでノーズカットだけで済みそうだが断面が楕円だ。モータ隔壁を入れると円形に変形できるかも知れないがB機なので2.3kgもある。

パワーユニットはスピナー径を43mmとしてモータ径は35mmのダイレクト駆動とした。
・モータ E-MAX GT2826/05 860KV 直径35mm 170g (3セルリポ 13×6.5ペラで 42A 推力2.3kg)
gt2826_05_1.jpg
・スピナー 直径43mm シャフト径 5mm 45g ペラ 18g 計 63g
・ESC Sunrise Model 60A PRO SBEC 6A 60g
・リポは手持ちの3セル、1800mAh 25C/50C 160gを使用 電流値 1.8×25=45A OK 計453g (尾翼サーボ24g 別)

改造前の状態 ノーズウエイト116g 電池91g 受信機32g サーボ35g 計274g
元のノーズウエイトや電池が軽くてもバランスが取れていたので、200g強の増加は当然か。
s05022708.jpg
1月16日 KKホビーから部品到着 改造開始
1月19日 1次改造完了 電池スペース確保のため 尾翼サーボは40mmほど後方に移動した。電池が厚くてハッチが完全に閉まらなかった。
s15012201.jpg
電池の裏にアンプを配置したのも良くなかった。
s15012202.jpg
1月20日 尾翼部に50gほど貼り付けてとりあえずテスト飛行。電流値は33Aほど。電池をもっと暖めないと… 
s15012001.jpg

2次改造 1月22日 サーボを尾翼内に移してバランスウエイトを減らす事にした。
尾翼の厚さは10mm強しかなく、手持ちの10~12mm厚のマイクロサーボではかなり出っ張る。
ハンドランチ用の8mm厚サーボを色々調べていたがトルクが1.5kg・cmほどしかなく ちょっと不安。KKホビーにE-MAX ES3302 9mm厚 2.2kg・cm メタルギア 12g と言う打ってつけのウイングサーボを見つけてさっそく発注。
1月27日 尾翼にサーボ穴、コード穴を開け、6mmベニヤでサーボベッドを作成。
ES3302サーボには平取付用のプラパーツが入っていてネジ止めできる。
エレベータホーンをベーク板で作り、1.2mmのピアノ線でリンケージ。
s15012902.jpg
1月30日 サーマル工房のリンケージカバーでカバーして完成。
s15013005.jpg
尾翼サーボが無くなってスペースに余裕ができた。モータと電池間に隔壁を設け、電池は平置きに変更。ハッチ開口部にFRPで受けを作った。
s15012903.jpg
受信機裏にESCアンプを配置。
s15012904.jpg
重心を確認するとサーボを尾翼内に移したにもかかわらず、後部に20gのウエイトが必要だった。

3次改造 前方部品をできるだけ後方に下げ、ウエイトを除去。
1月30日 フレーム中央のウエブ板を20mmカット。電池、受信機、アンプを20mm後方に移動して何とかバランスウエイトが要らなくなった。ペラを14×8に1サイズアップ(電流未確認)
s15020203.jpg
さて どんな飛びになるかな?
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 馬返  | h o m e |  鶴市 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1134-8d469f83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top