ソアリング & セーリング日記 ベネルクス & ドイツツアー 6日目

10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

ベネルクス & ドイツツアー 6日目 


2014.10.15
Wed
22:04

ルクセンブルクからドイツに入り、午後からライン川中流をドライブしてリューデスハイムにやってきた。
ここはローマ帝国時代からのワイン醸造の町だそう。端正な木組みの建物がいかにもドイツらしい美しさだ。
s141015147.jpg
8時にホテルを発ち、高速A1号線を北東に向かう。30分ほど走れば4つ目の訪問国 ドイツだ。高速を下りてトリーアに向かう。
s141015010.jpg
モーゼル川を渡って9時過ぎにトリーアに入る。この町は古代からの交通の要衝地であるとともに、モーゼルワインの一大生産地だそう。町の入り口には古代ローマ時代の遺跡、ポルタ・ニグラ(黒い門)がそびえている。
s141015016.jpg
町の中心広場。ちょっと靄っている。
s141015018.jpg
トリーア大聖堂(聖ペテロ大聖堂)。ドイツ最古の大聖堂だそうで、ポルタ・ニグラなどと共に‘トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂、聖母聖堂’として1986年に世界文化遺産に登録されている。ここで1時間のフリータイム。
s141015020.jpg
大聖堂の中に入ると朝のミサが終わった所だった。
s141015021.jpg
大聖堂から南に数百m行くと庭園があり
s141015029.jpg
振り返ると宮殿。
s141015032.jpg
さらにしばらく歩くと ローマ時代の浴場跡に到着。ここにきて靄が晴れてきた。
s141015036.jpg
そろそろポルタ・ニグラに戻ることにした。紅葉のグラデーション
s141015042.jpg
ワイン醸造所の奥に教会が見える。
s141015044.jpg
広場に戻ってきた。
s141015050.jpg
カフェの屋外席にダルメシアンともう一匹を連れた女性がいて、厚かましくも写真を撮らせてもらった。クロアチアのダルマチアで見かけなかったダルメシアンをこんな所で見ることができた。
s141015060.jpg
博物館の前でポーズ。顔出し看板でなかったのが残念。
s141015061.jpg

11時前にはトリーアをあとにした。モーゼル川北岸にはぶどう畑が見える。
s141015065.jpg
高速1号線から48号線へ。北東に向かう。
s141015066.jpg
気持ちの良い秋空だ。
s141015068.jpg
61号線に乗り換えて南下。
s141015072.jpg
一般道に下りてライン川西岸のザンクト・ゴアへ。 St.Goar/Rhein 11km とある。
s141015073.jpg
なだらかな傾斜の田舎道の峠を越えて
s141015074.jpg
ライン川に出た。左手にローレライの看板。観光船には今夜の宿があるボッパルド(地名)
s141015075.jpg
昼食レストランはローレライを正面に臨む場所にあるローレライ パノラマ レストラン。
s141015094.jpg
2階に上がる階段の踊り場にはローレライの絵を掛けてあった。
s141015081.jpg
グリーンサラダに続いてメインはシュニッツェル
s141015078.jpg
デザートはプリンだった。

ローレライの岩山
s141015083.jpg
上流からコンテナ船が下ってきた。
s141015095.jpg
ローレライの岩から下流 右岸は水深が浅いのか 川中央に赤ブイを打ってあって、その左側 川幅半分を使って船がすれ違う。やはり難所なのだ。
s141015097.jpg
観光船が上ってきた。右側通行なので左岸寄りを通る。
s141015098.jpg 
Wahrschauと言う船への信号。ローレライの上流側にもある。意味は分からない。
s141015090.jpg
2時前にザンクト・ゴア(ローレライ)を発ち、ライン川西岸を上って行く。
s141015101.jpg
s141015102.jpg
長~い貨物列車が通り過ぎた。コンテナを積んだ船も見かけたが、列車の方が速いだろうな。
s141015107.jpg
駅かな?風情があるなぁ。
s141015109.jpg
ビンガー・ブリュックという町から
s141015120.jpg
自動車道に乗って東進。
s141015122.jpg
20kmほど上流にある橋まで行ってライン川を渡る。川中の船のように見えるものは橋脚位置を示す標識のようだ。
s141015125.jpg
ライン川の対岸(北)を国道42号を使って下流(西)に戻る。
s141015128.jpg
3時過ぎに‘ラインの真珠’と呼ばれているリューデスハイムに到着。近くに橋がないので往復40~50kmほど上流へ迂回した事になる。
s141015129.jpg
のどかなぶどう畑が広がっている。
s141015130.jpg
駐車場からつぐみ横丁まで歩く。
s141015132.jpg
s141015133.jpg
こちらも貨物列車が多数走っていた。
s141015134.jpg
Drossel Gasse (つぐみ横丁)とある。
s141015135.jpg
狭い路地だ。この看板はつぐみとぶどうかな?
s141015136.jpg
Dorossel Hof と言うワインハウスで試飲。
s141015138.jpg
少しずつ試飲してみたが、よく分からなかった。
s141015140.jpg
ほどほどにして街歩きに出た。ツグミ横丁の突き当り。
s141015142.jpg
上の通りを左に歩くと三叉路に絵になる建物。
s141015147.jpg
通りの行き止まり。民家らしいが楽しげな飾り付けをしていた。
s141015152.jpg
格調高いレストラン。
s141015154.jpg
左手へ行くと教会があった。
s141015167.jpg
このあたりで引き返し、ツグミ横丁を下る。
s141015170.jpg
バスに戻る。
s141015176.jpg
バスは元の道に戻らず、少し先のフェリー乗り場へ。
s141015187.jpg
バスに乗ったまま乗り込んだ。
s141015189.jpg
渡河時間は5分くらいだった。ライン川って意外に狭い。40~50kmも走るのに比べて何と早くて環境に優しいことか。
s141015191.jpg
対岸に渡ってライン川を下流に向かう。
s141015192.jpg
中洲に建つプファルツ城。14世紀頃に建てられ、船から通行税を徴収していたらしい。
s141015194.jpg
山の上に建つ猫城。1317年に築城されたそうだ。城主のカッツエン伯爵が名前の由来(Katze:猫)
s141015200.jpg
2つ連結された長~い船。
s141015202.jpg

6時にボッパルドの丘の上にある古城風ホテル ヤコブス ブルクに到着。
s141015207.jpg
安物ツアーには珍しいベランダ付きの
s141015212.jpg
豪華な部屋だった。バスローブまであるのは極めて珍しい。
s141015213.jpg
7時過ぎから夕食。
s141015252.jpg
スープに続いて
s141015253.jpg
メインはサーモン。美味しかった。
s141015254.jpg
おしゃれなデザート。チョコレートムースだったかな?
s141015257.jpg
部屋への通路はさながら博物館のようで
s141015261.jpg
多数の動物の剥製展示がしてあった。オーナーの趣味なんだろうか?
s141015267.jpg
本日の歩数12,700歩。
7日目につづく
スポンサーサイト

category: 海外旅行

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« ベネルクス & ドイツツアー 7日目  | h o m e |  ベネルクス & ドイツツアー 5日目 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1101-3a7af6f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top