ソアリング & セーリング日記 ベネルクス & ドイツツアー 2日目

08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

ベネルクス & ドイツツアー 2日目 


2014.10.11
Sat
14:18

朝一でアムステルダム観光のハイライト、国立美術館でレンブラントの‘夜警’を鑑賞。館内2階に入ると正面突き当りに夜警が目に入るように展示されている。壁面上部にはREMBRANDTとあり、ここが定位置であることがわかる。
国宝との事だが、展示はむき出し、1mくらい手前にワイヤーセンサーがあるだけ。フラッシュを焚かなければ撮影もOK
s141011032.jpg
朝食後、外に出て気温を確認。サマータイムゆえか7時半をまわってようやく明るみ始めている。
s141011005.jpg

8時半にはバスに乗り込んでアムステルダム観光スタート。バスの気温表示は11℃とあった。
s141011007.jpg
車道、歩道の間に自転車道が整備されている。
s141011008.jpg
s141011010.jpg
運河沿いに駐輪する多数の自転車。高松よりずいぶん多いなぁ
s141011011.jpg
東京駅のモデルとされるアムステルダム中央駅。
s141011012.jpg
s141011016.jpg
s141011019.jpg
ダム広場には仮設の観覧車や遊園地ができていた。オランダの学校は秋休みシーズンなのだそうで、午後から子供たちで賑わうのだろう。後方は王宮。
s141011020.jpg
s141011023.jpg
国立美術館に到着。
s141011026.jpg
館内に入るとロビーは吹き抜けで、ガラス貼りの天井から多数のルーバーがぶら下がっていた。光を和らげる効果でもあるのだろうか?地震国の日本だったら危なくて下に入りたくない…
s141011027.jpg
2階の展示室では真っ直ぐ‘夜警’に向かった。
s141011035.jpg
こちらはもっと大勢の人。
s141011034.jpg
左手前の展示室はフェルメールコーナー。
s141011045.jpg
まずは‘牛乳を注ぐ女’
s141011038.jpg
‘小道’
s141011041.jpg
‘青衣の女’
s141011040.jpg
‘恋文’  30数点のフェルメール作品中、一気に4点も見ることができて ちょっとリッチな気分。
s141011042.jpg
1階の資料展示室には 海洋国オランダらしい帆船模型も多数あった。
s141011053.jpg
じっくり見たかったが時間がない。
s141011054.jpg
ロビーの一角ではモデルを座らせて絵を描いていた。
s141011056.jpg

国立ミュージアムを出ると I am sterdam と Amsterdam をもじったオブジェがあり、乗っている人もいた。
s141011058.jpg
ツアーお決まりのダイアモンド研磨&直売工場見学。研磨作業を見たあと、一室に入れられてダイアモンドの商談会。奥さまに買ってあげようか?と言ったら鼻であしらわれた。
s141011062.jpg

45分ほどでダイアモンド工房から開放され、歩いて運河クルーズの船着場に向かう。黄葉が始まっている。
s141011063.jpg
近くの船着場に到着。大勢待っている。
s141011066.jpg
船内では英国バーミンガムから来たと言うオバサン達と同席。ちょっとだけ英会話で国際交流。
s141011073.jpg
狭い水路で同じようなボートとすれ違う。
s141011076.jpg
こちらはクラシックな作りのボートだが、とてもきれい。新造船かな?
s141011078.jpg
ボートハウス。
s141011080.jpg
こちらはマストを立てた帆船。マストを倒して橋をくぐってから立て直したのだろう。
s141011082.jpg
水門を通って
s141011084.jpg
アイ湖という大きな水面に出た。対岸は新市街地なのかモダンな建物や高層ビルが見えた。
s141011085.jpg
白鳥が浮かんでいた。
s141011087.jpg
大型の観光船。この船は旧市街の運河には入れそうにない。
s141011086.jpg
土曜日とあってボートレース(レガッタ)が行われていた。これは女性チーム。
s141011088.jpg
s141011089.jpg
s141011092.jpg
跳ね橋(名前が分からない)
s141011094.jpg
マヘレの跳ね橋
s141011096.jpg
老舗のアムステルホテル。
s141011099.jpg
国立美術館。
s141011101.jpg

1時前に遅目の昼食。
s141011104.jpg
メインはクロケットと言う名物料理らしいが、中身がコロッケのハンバーガーじゃないか。付け合せはフライドポテト。これはこのあたりの定番らしくて どこででも出た。
s141011106.jpg
デザートはフルーツ。と言ってもまだ青味が残るバナナがど~ん。一応食べてはみたがやはり硬くて青臭かった。日本人はサルとでも見られているのかな?

クレラー・ミュラー美術館はアムステルダムから東南東80km デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園内にある。公園入り口で公園と美術館のチケットを購入する必要がある。それにしても変わった建物だなぁ。日本なら何のへんてつもない四角い小屋を建てるところだろう。
s141011113.jpg
バスが園内で道を間違えたりして入り口から美術館まで10分ほどかかった。
s141011116.jpg
美術館入場は4時過ぎ。閉館は5時との事なのであまり時間がない。
s141011117.jpg
美術館の裏は彫刻の森があり、こちらは4時半に閉門との事なので 先に見て回った。
s141011118.jpg
s141011120.jpg
s141011131.jpg
これも巨大な作品で低い建物のような構造物(外形を撮るのを忘れた)階段を上がって屋根に出ると、このようにうねった面でできていて、縁取りが面白い。子供が遊ぶのに良さそう。
s141011134.jpg
4時半には美術館に戻って真っ直ぐゴッホ展示コーナーへ急ぐ。まずは‘夜のカフェテラス’
s141011141.jpg
そして ‘アルルの跳ね橋’。
ss141011140.jpg
‘4本の木のある秋の風景’
s141011144.jpg
‘4本の切ったヒマワリ’
s141011148.jpg
‘種まく人’。写真を撮られているとオジサンが何か話しかけてきた。何事?と良く聞いてみたら私のセーターの色と絵の畑の中の青が同じだと言っているようだった。何語か分からなかった。
s141011146.jpg
テオ・ファン・レイセルベルヘ(ベルギー)の点画 ‘庭園に集う家族’
ss141011157.jpg
30分ではとても見きれなかったが5時には美術館をあとにした。雨が強くなった。
s141011159.jpg

アムステルダムに戻って自由の女神像が立つレストランで7時半過ぎから夕食。
s141011162.jpg
スープに続いてメインはヒュッツポットと言うオランダ名物料理。
ニンジンが入ったたっぷりのマッシュポテトの上に丸いハンバーグが乗った感じ。まあまあ旨かった。
s141011165.jpg
デザートはヨーグルト味のプリン。バナナより格段に良かった。

空港横のラディソンホテルに連泊。本日の歩数10,300歩。
3日目に続く 
スポンサーサイト

category: 海外旅行

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« ベネルクス & ドイツツアー 3日目  | h o m e |  ベネルクス&ドイツ ツアー 1日目 »

コメント

海外美術館
貴重な海外美術館の絵画写真楽しく観させてもらいました。

レンブラントの有名な「夜警」など有名な実物絵画を観れて羨ましいです。
レンブラントは光と影が絶妙ですね。

私も絵画鑑賞が好きで海外出張で時間が取れればそこの美術館まわりをして楽しんでいます。
また、海外は写真撮影OKなところが多いのでじっくり写真も撮れますね。

ありがとうございました。
【2014/10/22 23:05】
URL | 前田 #- *編集*

前田さん コメントありがとうございました。

旅の報告はSS日記のテーマからは外れているので、どうかなと思いつつアップしているので、楽しんで観ていただいて大変うれしいです。

3日目以降もアップしていく予定ですが、宗教画や街並みレポートになります。良かったらご覧ください。
【2014/10/23 22:28】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1095-3844e637
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top