ソアリング & セーリング日記 ASW-28修理

10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

ASW-28修理 


2014.09.26
Fri
15:33

南條さんのASW-28の胴体後部の修理が終わったので、まとめてみた。
塗装はしていないがこれで完成。
s14092610.jpg
胴体修理のついでに水平尾翼を5mmバルサで作りなおした。
s14092201.jpg
平面形がこれくらい違う。オリジナルのものは後退角がちょっと大きくてかなりでかい。その分重くて57gだった。バルサ単板製はフイルムを貼ってホーンを付けた状態で29g。28gの軽量化はノーズウエイトを約60g減らす効果が期待できる。
s14092202.jpg
これが3面図。水平尾翼はずいぶん小さいでしょう。
ASW28 3面図
FRP修理は續木さんから貰ったMe163の翼のプランク補強もついでに行った。
s14092304.jpg
ASWは最初垂直尾翼の前部をFRP補強したのだが、垂直尾翼の剛性が出ない。良く見たら右付け根に僅かな亀裂。削ってみたらガラスクロスがかなり粗な感じだ。
s14092303.jpg
右付け根の修理も完了したが、まだふわふわ感がある。
s14092406.jpg
良くみたら左側にも微小な亀裂が見える。
s140924051.jpg
これも削って補修。さらにラダー取付け板と垂直尾翼外皮とが剥がれていたのを接着して何とか剛性が出た。
s14092407.jpg
水平尾翼を付ける段になって気になったのがサーボホーンとエレベータホーンの角度があり過ぎだ。エレベータアップ時はさらに角度が増えて45°くらいになりそうだ。
s14092508.jpg
サーボを傾けよう。
s14092509.jpg
開口部が少し大きくなったが、いい感じに収まった。
s14092611.jpg
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« 第72回蓮池レガッタ  | h o m e |  蓮池 »

コメント


川上さん、三田式の製作から始まり今回のASWの改修まですっかりおんぶにだっこになってしまいました。
水平尾翼まで軽量化していただき、ノーズウェイト撤去と相俟って100g近い軽量化ができそうです。
【2014/09/26 19:53】
URL | 南條 #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1087-a3ac8c6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top