ソアリング & セーリング日記 クロアチア旅行 4日目

06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

クロアチア旅行 4日目 


2014.05.29
Thu
13:54

ダルマチア地方の中心都市スプリトを観光。人口18万人弱、首都ザグレブに次いで2番目である。
帝政ローマ時代に建てられたディオクレティアヌス宮殿を含む旧市街が世界遺産に登録されている。後方はスプリト聖堂の鐘楼。
s140529029.jpg
スプリト観光後、午後はひたすらドブロヴニクまで南下。海岸に沿った一般道なので200km余が6時間ほどかかった。
map-dubrovnik.jpg
 
朝食にはフレンチトーストみたいなのがあった。
s140529002.jpg
8時45分にホテルを出発。
s140529003.jpg 
昨日買い物をした青空市場はすでに賑わっているようだった。
s140529011.jpg
泊まっていたチョボ島
s140529013.jpg
s140529014.jpg
45分ほどでスプリトの港に到着。ここからイタリアのアンコーナに渡る船も出ているようだ。
s140529015.jpg
ココ椰子の並木で南国ムードだ。
s140529016.jpg
小学生の校外学習かな?
s140529019.jpg
現地ガイドにディオクレティアヌス(在位284年~305年)の宮殿の説明を受けた。ディオは305年に自ら宣言して引退、293年から建設を始めていたこの宮殿に隠居したと言う。
s140529018.jpg
海の門から宮殿に入る。このあたり、元は海だった所だ。
s140529020.jpg
宮殿内部。
s140529021.jpg
自発的に帝位を退いた最初のローマ皇帝 ディオクレティアヌスの像。
s140529023.jpg
ディオクレティアヌスの系図
s140529024.jpg
表に出た。
s140529026.jpg
ドームでクラッパを聴いた。10人編成のコーラスは中々迫力があった。
s140529031.jpg
ちょっとだけ声を聴いてみてください。
 
ローマ兵のコスチュームを着た人がいる。
s140529033.jpg
路地を西に進むと鉄の門。
s140529034.jpg
北には金の門。ちょうど学生たちがガイドの説明を聞いていた。入城前に見た小学生?とは別のグループだな。
s140529035.jpg
この人はグルグリ・ニンスキ司教像。
s140529036.jpg
足の先を触ると幸せになると言う。とりあえず私は足の先端を触って‘痛風になりませんように’。
s140529041.jpg
金の門を見下ろす。
s140529040.jpg
ここでフリータイム。まずは元気なうちに鐘楼に登ることにした。
s140529025.jpg
鐘の横を通って狭い階段を上がる。
s140529043.jpg
60mの高さから見る景色。南は海
sp140529046.jpg
東側
sp140529049.jpg
北側
sp140529052.jpg
西側
sp140529055.jpg
s140529060.jpg
港にはクルーズ船が停泊していた。
s140529063.jpg
東の銀の門を抜けると青空マーケットがある。
s140529068.jpg
s140529066.jpg
場内を横切って西の鉄の門に抜ける。
s140529073.jpg
門をくぐると開放的で明るい広場があった。
s140529077.jpg
s140529079.jpg

スプリト郊外で昼食。レストランの前の通りは細く、路上駐車も多くてバスの進入は困難を極めたが、さすがはプロ、10cmほどの隙間で何とか入ってきた。
s140529082.jpg
水辺の Nonoba Slap というレストランで昼食。
s140529083.jpg
メインはプロデットと呼ばれる魚のごった煮料理。黄色いブロック状のものはトウモロコシ粉を固めた団子のようなもの。
s140529086.jpg
このガチョウ。キジのように赤い顔をしている。
s140529090.jpg
教会のある広場を横切って 
s140529093.jpg
広い通りで待っているバスまで歩いた。芝生が気持ちいい。
s140529092.jpg

スプリトをあとにドブロヴニクへ。
s140529096.jpg
1時間ほど走ってマカルスカと言う所にあるドライブインでトイレ休憩。
s140529105.jpg
後方は石灰岩の岩山が連なっている。
s140529104.jpg
駐車場にやってきたタクシーのおじいちゃんが何やらしゃべりかけてきて、良く聞くとバスのドライバーはわしの息子だと言う。バスのナンバーを見たらMA(マカルスカ)とあった。ドライバーの家はこの下の集落にあるらしいが、なかなか家に帰れないとの事。
s140529107.jpg
風光明媚なこの地はマカルスカ・リビエラと呼ばれているらしい。
s140529109.jpg
s140529110.jpg
s140529111.jpg
さらに南下していくとネレトバ川と言う大河に沿った畑地がひろがっていた。このあたりはオレンジの産地だと言う。
s140529113.jpg
峠には車の客目当てのミカンの売店。ネットに入れて吊るしている。道際にみかんの無人店舗がある坂出の王越みたい。
s140529116.jpg
みかん畑が山まで広がっている。
s140529118.jpg

ドブロヴニクに入る前に9kmにわたってボスニア・ヘルツェゴビナ領となる。検問所があり、ミーチェが「ヤパン ツアー」と言ったら顔パスで通過できた。ボスニア領の中間にドライブインとスーパーマーケットがあってトイレ休憩。
ボスニアの通貨はマルカ(KM)と言い1マルカが70円弱。クレジットカードでこの地方特産の塩などを買ったが、物価は安く感じた。
s140529119.jpg

再び検問所を抜けて6時前にドブロヴニクに入った。この斜張橋を渡るともう近い。
s140529121.jpg
夕食はドブロヴニク郊外のイタリアンレストランだった。
s140529125.jpg
メインはイカのパスタ。こちらはまあ普通だった。デザートのプリンは美味しかった。
s140529123.jpg
ドブロヴニク旧市街の手前の半島にある5つ☆のホテル アリストンに7時過ぎにチエックイン。
s140529127.jpg
歩数の記録がないが、今日はスプリト観光だけだったので5、6千歩と思う。
5日目に続く
スポンサーサイト

category: 海外旅行

trackback(0) | comment(4) | 記事編集

go page top

« クロアチア旅行 5日目  | h o m e |  クロアチア旅行 3日目 »

コメント


どこもかしこもすばらしい景色ですね。
とっかえひっかえ(無断拝借して)PC壁紙に使わせてもらいます。
【2014/06/12 15:55】
URL | 南條 #- *編集*

本日、小樽で運河のナイトクルージングを予定していましたが、雨なのでやめました。(しばらく雨が続きそうです)
残念ですが、その分晩御飯贅沢します(笑)
旅行4日目にしてやっとホテルに泊まります。
旧北海道拓殖銀行を利用したホテルで、ロビーには古くて高そうなオルゴールがいくつか置かれており、メロディーを奏でています。
(ホテルのロビーより)
【2014/06/13 17:54】
URL | 高山です #Jr4WCcEI *編集*

南條さん コメントありがとうございます。
中世の趣を残す街はどこもきれいでしたが、3つも回るとごちゃごちゃになりました。ブログにまとめるにために遅まきながら色々と資料を見なおして再認識しきりです。5日目はいよいよ旅のハイライト、ドブロヴニクをまる一日かけての観光です。また見てください。

高山さん 梅雨のない北海道のはずが、あいにくの雨。残念ですね。長旅なので体調維持に気をつけてくださいね。
【2014/06/14 08:39】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

最近は旅番組でクロアチアが取り上げられたり、サッカーの緒戦がクロアチアであったりとずいぶ身近に感じられるようになりましたが、20数年前には民族紛争で多くの難民や犠牲者を出したことが嘘のようですね。
民族や宗教があれほどの軋轢を生ずるとは単一民族の日本では到底理解できません。
しかし最近の日本も近隣諸国との関係が悪化していることをもう少し本気で考えていく必要があるように思います。
【2014/06/14 10:23】
URL | 南條 #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1047-0889c62a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top