ソアリング & セーリング日記 第66回蓮池レガッタ

10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

第66回蓮池レガッタ 


2014.03.22
Sat
09:57

快晴、順風のレガッタ日和だった。写真は午後からのレースの様子。6艇がだんご状態で下マークに向かっている。撮影は独走していた高山さん。
s14032207.jpg
参加は8名。いい時候になったので冬眠されているメンバーの参加が待たれる。
s14032211.jpg
結果
1位 高山さん グレーシャス 18点
2位 真田さん シークイーン 20点
3位 倉科さん グレーシャス 26点
4位 川上 謹 グレーシャス 35点
5位 大内さん グレーシャス 43点
6位 萬藤さん シーウインド 62点
7位 川上さん グレーシャス 73点
8位 飯間さん グレーシャス 83点
参加が8艇と少なかったのでジャッジを置かずにレースを行った。風が良くてテンポ良くレースが進むので写真を撮る余裕が無かったが、トップ独走のケースが多かった高山さんがたくさん撮ってくれていた。ありがとうございました。
s14032201.jpg
s14032202.jpg
s14032203.jpg
s14032205.jpg

午後からの第8ヒートの様子。風が南寄りに振れポート側からスタートした高山艇が独走。これを漫然と!スターボスタートして遅れた6艇が追う。2位以下は実力伯仲している。
s14032206.jpg
s14032208.jpg
s14032209.jpg
s14032210.jpg
s14032213.jpg
s14032214.jpg
s14032215.jpg
s14032216.jpg
s14032217.jpg
s14032218.jpg

シーウインド新ロット品を手に入れたという人が2名ほど見学にみえ、模擬レースを体験された。仲間が増えそうだ。この方は川上 進さんの知り合いだそう。
s14032219.jpg

飯間艇の見える化の試み。風見に続いてセールの最大効率位置を探ろうとしている。
セールがシバーする直前、直後で音が変わるのでないかとの仮説による。デッキに取り付けた振動センサーから送られてきた波形をFFTにかけてシバー前後で周波数成分が変わるのではないかとサンプリング中。倉科さんに操縦してもらって今シバーしたと口頭伝達でタイミングを見ていた。
s14032220.jpg
昨年はFrskyのGPSとテレメトリーシステムを使ってリアルタイムで艇速が把握できないかテストしてみたが、GPSの立ち上がりが非常に遅い上に応答性が悪く、早々に断念した経緯がある。やはり2艇並走してのチューニングがベストかな?
スポンサーサイト

category: ヨット

trackback(0) | comment(5) | 記事編集

go page top

« 馬返 & 鶴市  | h o m e |  鶴市 »

コメント


皆さんの腕が上がってきているので、スタートをミスると上位フィニッシュはまず無理。
スタートが重要になってくる。
私の理想とするスタートは、号砲5~10秒前に風上マークのレイラインのほんの少し風上(風の強さでマークまでの距離は異なる)で、少しシバーさせた状態で待機(もちろんスターボートタック)
カウントを確認しながら徐々にセールを絞り、艇速をつけ、号砲と同時に風上マークぎりぎりをトップスピードでスタートする。
自艇より風上艇は、風上・風下の関係で非権利艇の為、自艇とマークの間は通過できない。
風下艇は、レイラインより風上に上れないため、自艇の風下にしかつけない。
これができた時は、超気持ち良い!
あとは自由に走れる。
スタートは多少の艇の性能差があっても、全艇が一緒に楽しめる一瞬です。
皆さんも挑戦してみてはいかがですか。
ただし、ルールを守らないと衝突により無茶苦茶なスタートになりますので、ご用心。
レイライン:目的地へ直線で行くことができるコース。
レース中では、タックしないでマークまでセーリングできる、もっとも風下側の直線コース。
【2014/03/25 19:01】
URL | 高山 #Jr4WCcEI *編集*

高山さん スタートのアドバイス ありがとうございました。
スターボートタックで右マークぎりぎりのスタートが通常はベストですが、今回は南に風が振れていて左マーク側が風位が高かった。
スタートラインを流してポート側艇を抑えるつもりが全然届かず、スタートから先行を許してしまった。こうなるとあとはマーク回航毎にどんどん差が開いて悔しいが どうしようもなかった。
また ちょっと強目の風ではあったが、クローズホールドで強いウエザーヘルムが出て切り上がりを抑えられなくなるケースが多々あった。
相当な当て舵をしてブレーキをかけながら走っているようなもので、何とかしなくてはと思っている。
高山さん セールトリムで何かアドバイスありますか?
【2014/03/26 13:40】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

風が強くウエザーヘルムが発生し、切り上がりを抑えられない。
私も何レース目かで風位に立ち、止まったことがありました。
今回取った手段
①メインセールのシートを3~5mmほど弛める。(メインセールを少し出す)
  時にはメインセールに裏風が入った状態もありました。
②バックステーを少し引く。
  ②-1 フォアステーのテンションを上げ、ジブセールのラフのばたつきを抑える。
  ②-2 マストのベンドによりメインセールの上部のカーブを無くし、上部に受ける風を逃がす。
(メインセールの有効面積を少なくするとともに、効果中心を下げる?)
メインセールの効率を落とし、ジブセールで走る?て感じでしょうか。

ジブ・タックを前にセットする方法もありますが、ジブシートの調整も必要になり、調整時間が必要です。
【2014/03/27 18:29】
URL | 高山 #Jr4WCcEI *編集*

高山さん アドバイスありがとうございました。
メインセールの裏風を気にし過ぎてシートを引き過ぎていたのかも知れませんね。ジブタックは5mmほど前にしたのですが・・・
また強風時に試してみますね。
シーウインドでは顕著でしたが、グレーシャスでもラダー面積が少し足りないのかも知れません。
【2014/03/29 10:42】
URL | 川上です #ZK8I3X6w *編集*

ラダーの面積を大きくすると、C.L.R(艇の横方向の抵抗中心)が後ろに下がり、リーヘルムが出ます。
微風時は大丈夫でしょうか?
強風でラダーの効きが悪いと感じるのは、セールトリムが合っていないか、セールを絞りすぎているという可能性もあります。
ちなみに私のグレーシャスは、ラダーが小さいと感じたことはありません。
なにせラダーはブレーキですから。
【2014/03/30 12:17】
URL | 高山 #Jr4WCcEI *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1013-57bc2488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top