ソアリング & セーリング日記 鶴市 Simply Cool 大飛行

09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

鶴市 Simply Cool 大飛行 


2014.02.12
Wed
09:09

午後から晴れてきたので2時過ぎから一人でヒコウ。
s14021207.jpg
ラダーを直したSimplyは好調で30mほどの初期高度を取れるようになった。11投目に川の上でサーマルに乗り、野山の方に流して291mの最高高度!まだまだ上げられそうだったが1.4mスパンの機体では視力限界に近く、もうよかろうと急降下で下ろした。あと10mが惜しかった。
80mほどに下ろしてくると安心高度で、しばらく遊んで下ろしたらほぼ10分の滞空だった。
機体の温度は9℃から上空では8℃に下がっている。日差しはあったが冷たかった。
14021202_simply.jpg
本日のお供はこの3機。
s14021201.jpg
1番機はStorchで1月12日の大破からの復活飛行。アンプを交換してBEC瞬停によるノーコン現象は出ず、安心して飛ばせるようになった。
s14021203.jpg
1カ月前の大破状態。キャノピーの枠で翼を受けるようになっているのだが、バラバラ。もう捨てようかとも思ったが翼がほぼ無傷なので、ジグソーパズルのように枠の破片を継いだり新規製作したりで直した。モーター缶に付いているアルミのシャフトが曲がっていて、これを芯ブレしないように直すのが大変だった。
s14011259.jpg
この機体には固定スラットとフラップが付いていて短距離離陸性能STOLが特長なのだが、模型では有り余るモーターパワーで楽々と離陸でき、フラップ下げの効果は実感できなかった。アンプのブレーキ設定を解除して、もう少し飛ばし込む必要がある。
s14021202.jpg
2番機はモグラ号。モータONでの頭上げ傾向が強かったのをダウンスラストを増やして適正になった。25秒のモータランで滞空させたら9分の滞空。所々にサーマル塊があって条件は良い。
s14021205.jpg
3番機はSimply Cool。この機体も前回1月31日に危うく墜落させる所だった。原因は発泡コアのスキンを兼ねたラダーヒンジがコアから剥離してぐらぐらになっていた事。スキンをコアに接着し、さらにシートヒンジを4カ所に追加。裏面コア側にはテープヒンジで補強。ガチガチに固めたら動きが渋くて1.5kg・cmサーボの1セル3.7V駆動ではかなり作動速度が遅くなってしまった。昇圧するかな?
s14021215.jpg
ラダーが固まって安心してランチできるようになった。ランチ時のラダーオフセットも極小で済み、TopSkyには及ばないものの25~30mは獲得できるようになった。
s14021212.jpg
昨年8月11日の高度データmax239m。半年ぶりに記録を塗り替える事ができた。
13081102 鶴市simply
3時半には撤収。
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 鶴市  | h o m e |  帆走会 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawak0073.blog40.fc2.com/tb.php/1000-df8649c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top