ソアリング & セーリング日記 2006年11月

10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

東北東の風、大串へ出動 


2006.11.25
Sat
20:56

昨夜の天気予報どおり大串は東北東の風。平均4~5m、瞬間では10mを超える順風で、久しぶりに何でもありのリフトを堪能できた。用意した機体はミニGraphite,FOX。微風に備え電動SnobとSAL機も持って行ったが出番はなかった。


市原さんも早めに仕事を切り上げてやってきた。ミニシーラスで様子見した後は久々にASW28の出番。
06112506.jpg

ターンし難いのは後重心気味なのでは?と着陸させたのだが、軽量の機体は裏返しに。何か足りないと思いませんか?そうです。左翼ウイングレットがむしり取られています。
06112509.jpg

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

Ka 8 & 田村さんからの映像提供 


2006.11.23
Thu
20:46

鈴木さんから3mKa8のパワーユニットを交換して調子良く飛ぶようになったとの電話で、製作中の2.5mKa8と並べて2ショットしようと、用意して出かけようとすると残念!雨になった。仕方がないので車庫で仮組みして木地完写真を撮影。この後、サンディングしたら車が真っ白になった。


一昨日、高知の田村さんから、大観峰遠征時の写真と塩塚でのDSのビデオを送っていただいた。DSの方は一番速度に乗ったあたりを動画ページにアップしたので見てみてください。10m強の安定した南西風だったそうですがTrinityの速度は本当に早そう。直径150~200mの水平周回に7秒程度かかっているのから時速換算すると240~300km/hになりますね。続きは大観峰スナップ。
-- 続きを読む --

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

土器川 第14回四国サーマル大会 


2006.11.12
Sun
20:03

今年最後の競技会、恒例の四国サーマル大会に参加した。前日のスケールミーティングに続いて2日連チャンで土器川出勤だ。
061112001.jpg

今年の参加者は約20名が電動、オープン、ミニクラスの3種目で競った。記念撮影は午後一番だが、雲が多くなっている。



-- 続きを読む --

category: グライダー

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

土器川 第2回スケールミーティング 


2006.11.11
Sat
22:40

昨夜からの雨でスケールミーティングは流れたものと思って、昼過ぎまで家でのんびりしていたら、篠原さんから「丸亀上空は晴れてきたのでそろそろ始めるよ」との電話をいただき、急いでDG505を積み込んで2時半には土器川に駆けつけた。


-- 続きを読む --

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

南西の風10m!塩塚 


2006.11.05
Sun
22:11

MSFA新メンバーの歓迎を兼ねて塩塚遠征。天気はすこぶる良く、風は無風かと思っていたら南西の強風。山の神は手荒い歓迎をみせてくれた。スイング、シンプリークール、バイナリ等の軽量HLGに40~50gのウエイトを抱かせて 行け!行け!どんどんのスパルタコーチに応えて果敢にGO!今日一日でかなり度胸が付いたのではなかろうか。


新メンバーの斎藤さん、右田さん、飯間さん。後方はギャラリー。中国人と思われる言葉の人も多く、塩塚もだいぶん国際的になってきた。ギャラリーの皆さんは親近感と興味を持って接してくれるのだが、今日は南面で畑をされている地主の方から「グライダーが怖くて農作業ができない」とクレームがあった。その方によると至近距離に今までに3機落ちてきたそうだ。(誰が落としたのだろうか?)とにかく南面で農作業中には飛ばさない事だ。
06110538.jpg

-- 続きを読む --

category: グライダー

trackback(0) | comment(3) | 記事編集

go page top

鶴市河川敷&鈴木工房 


2006.11.04
Sat
22:00

河川敷で定点着陸練習。アーバンに突起を付けて良く止まるようにはなったのだが、強度不足で胴体底板が抜けてしまった。市原さんはアーバンXCの速度を充分殺して1~2m以内に止めていた。ストッパーなどと言う姑息な手段を用いず、もう少し速度コントロール練習かな?


帰りに鈴木工房を訪ねて、メカ積み中のKa8(3mスパン)を見せてもらった。さすがサーマル工房製機体、かっちりと正確にできていて大変参考になった。F5Fのパワーユニットを搭載し、明日初飛行だそうだ。
06110405.jpg

数ヶ月前から製作中の頓所式グライダー(スパン2m)。パイロットはおたまじゃくしのような胴体に腹ばいになって操縦するそうだ。キャノピーが大きいのでパイロットは必須だ。
06110406.jpg

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

鶴市河川敷 


2006.11.03
Fri
20:16

今日の鶴市河川敷は先週と打って変って飯間さんと私の2名。飛行場帰りの高橋さんがちょっとだけ立寄ってくれた。斎藤さん、右田さんコンビは大串へ行くと言っていたが風向きはどうだったのかな?アーバンの滞空性能改善のため、重心を5mmほど後にずらしてテスト。比較機がいないので何とも言えないが、幾分良くなった気がした。


前重心と言えば右田さんのSimply Coolも高橋さんの「仰角が大きすぎるのでは?」との意見で水平尾翼に10円玉を貼り付けて、仰角を少し減らしてテスト。対策前はちょっと伸びが足りず、速度を殺すとコロっとコケていたのが、これが同じ機体かと思うくらいス~っと伸びて来るようになった。
メーカー指定の重心位置はあてにならないもののようだ。
06110304.jpg

-- 続きを読む --

category: グライダー

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top