ソアリング & セーリング日記 2006年05月

04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

オール四国サーマル大会 


2006.05.28
Sun
22:24

hyousyou

高知仁淀川で開かれた恒例のサーマル大会にMSFAから市原、藤目、川上の3名が参戦。結果、4種目12個のメダルのうち6個を持ち帰える事になった。高知勢では辻さん、鷲尾さん、永原さんが気を吐いた。常連の依岡さんは視力の衰えから最近はグライダーから遠ざかっているとかで、少し元気が無かった。同年輩の野中さんは相変わらずの元気さで、今年は自作CD用改造モータを使った50cmスパンの複葉水上機のデモフライトを見せてくれた。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(3) | 記事編集

go page top

土器川 060521 


2006.05.21
Sun
20:39

久しぶりに土器川で滞空練習。今日はStingでの滞空が調子が良く、3回共に10分超え達成!2度目には善通寺に飛来したブルーインパルスの低空編隊飛行とニアミスしそうになり、あわてて下ろすハプニングもあった。6機編隊の間隔は1機分くらいにしか見えない。
blue impulse1

レオマあたりで編隊を保ったまま右旋回して琴平上空を通って善通寺に戻って行く。まるで見えないフレームで繋がれているように見事に位置関係がずれない。すごい緊張感を持って飛ばしているのだろうか?
Graphite2の方はStingに比べ400gは軽いのだが、反対に調子が悪く、4分、7分と言うHLG並の滞空もあった。 もう少し走らせた方がいいのかも知れない。
blue impulse2

篠原さんのホールドでユーロフィアを発航する新階さん。今日の土器川はヌシの池田さんが見えず、11時頃に平尾さん、昼前に高知の石川さんが新型ウインチを持って現れ、私はUrbanの緊急修理で、お昼で上がり。と思ったら どっこい!昼過ぎには池田さんが現れた。 
eurofia

-- 続きを読む --

category: グライダー

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

飯田 Urban 墜落 


2006.05.20
Sat
23:51

urban 060520

高知大会に備え、1カ月ぶりに飯田河川敷でUrbanを飛ばして見たのだが…。
新調した3セル1500mAhのリポのパワーは強烈で、Urbanはほぼ垂直上昇するようになった。モーターランは5,6秒で十分な滞空高度に達するようになったが、今年からルール改正で2分間はモーターランお構いなし。ちょっとがっかりではある。
7分滞空をこなして着陸させたが、ペラが回っている。アンプのブレーキ設定をいじって再発航、モータストップさせたが依然としてペラが回っている。再々着陸でアンプ設定をいじろうと急いで下ろしにかかったのだが、何とサッカー場上空にかかる高圧線に右翼が接触して、そのままノーズから墜落。ノーズがバラバラになってしまった。
あ~あ、困ったぞ! スペア機がないので緊急修理が必要だ!
これと言うのも河川敷公園入口で県土木事務所が通行止め処理をしているため、道路近く北側のサッカー場で飛ばしたからだ。南は安全なのに…。
通行止めの意味が分からないので藤目さんに県の運動公園管理事務所に聞いてもらう事にした。

市原さんは電動ミニ用にプロムナードを用意した。手前にバリケードが見える。高圧線はもう少し奥(南)の10~15mくらいの低い位置にある。
ichihara060520

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

チョウゲンポウ完成 


2006.05.17
Wed
22:42

やっと完成した。精悍な顔つきで中々格好いい。鳥先生の山本さんに見てもらおう。2倍くらいにスケールアップすればメカ積みして飛ばせるかも知れない。こちらは鳥グライダーの金井さんだ。
merlin5

merlin6


以下はMerlinことチョウゲンポウの説明訳。
高速飛行するチョウゲンポウは、アメリカではPigeon Hawk(鳩鷹)として知られ、荒野や広々とした田園地方のハンターです。繁殖期の間、そこで主に小さな荒野鳥を厳しく追いかけて餌食します。冬期には低地や沼地、海岸近くへ移動して、海鳥や小さな哺乳類、トカゲや昆虫を食餌します。巣は地上や枯木に作って、雌は平均4つの卵を産み、若鳥は2ヵ月以内に巣立ちします。生息分布は北半球の南の方、赤道近くまで。

category: その他

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

西南西の風6m 五瀬山 


2006.05.14
Sun
20:14

gose0514

降雨確立50%が外れて いい天気に。初夏の五瀬山はいいリフトに恵まれてDS日和だった。
-- 続きを読む --

category: グライダー

trackback(0) | comment(3) | 記事編集

go page top

チョウゲンポウ2 


2006.05.13
Sat
19:58

一日中 雨で羽の製作が捗った。片側9ピースを貼り合せて立体的な羽ができあがった。中空部分にはスパーもあるしっかりした構造だ。
merlin3


さっそく胴体に接着。後は足と頭だ。
merlin4

category: その他

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

チョウゲンポウ 


2006.05.12
Fri
22:29

merlin2

ヤフーオークションで手に入れた実物大(25×51cm)コチョウゲンポウのペーパーモービルを作り始めた。12歳以上のスキルが要るそうだが、結構難しい。A4の紙から13個のピースを慎重に切り出し、ボンドGクリアーで貼り合わせて2時間で胴体が完成した。
次は羽だ。

merlin1

うまく行けばこんなのが完成する。英語でMerlinと言うそうだ。生態とか詳しく書いているが、翻訳はまたにしよう。

category: その他

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

ユズリハ 


2006.05.10
Wed
22:04

yuzuriha5

また2週間経って、4月12日に最初に紹介してから約1カ月。若葉がたくましく育ってきた。古い葉もまだ少しは残っている。
初夏には花が咲いて実を付けるそうなので、もう少し定点観測を続けよう。

category: その他

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

土器川 雨のスケールミーティング 


2006.05.07
Sun
22:31

k8

k82

連休中はずっといい天気だったのに、最後の仕上げ スケールミーティングが雨になってしまった。3時頃まで雨が上がるのを待っていたが、結局飛行機曳航は中止。サーマル工房谷村社長と高知の横山さんによる5m電動Ka8のデモ飛行を見ただけに終わった。
-- 続きを読む --

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

立夏の大串 


2006.05.06
Sat
17:53

ookusisal

昨夜帰省した飯島さんから大串は東の風で抜群のリフトとの情報を得て昼から出かけたのだが…。
ちと遅かった!2時頃到着すると無風状態から風向は西から北西に振れ、SAL機を投げ上げても数ターンで降りてくる状態になってしまった。
こんな時は電動。市原さんのそらまめが大勢のギャラリーの歓声を誘っていた。

ookusi060506

グリーンヒル大串の所長さんも入れて記念撮影。
「招待状出したから来たんな?」と歓迎してくれた。

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

強風の塩塚 


2006.05.05
Fri
21:00

DG3

DG4

市原さんと塩塚へ行ってきた。昨日行ってきた村山さんの情報では南の風との事だったが、到着すると南西からの大風だった。10~15mはあったのではなかろうか?
まずDG505を市原さんに発航してもらった。風の割には目線レベルよりあまり高く上がらずスピードも出ない。それでもしばらく楽しんだ後、着陸進入で東側の通路上に回すとホバリング状態から垂直に着陸。スポイラーを出すまでもなく問題なく着陸できてラッキー!
次はイレーザー。高知の田村さんが西側の小山の周りを水平に周回してDSしているのを見てノーバラストのイレーザーでもトライ。うまくDS状態に入って久しぶりにいい風切音が聞け、大満足。着陸はDGと同じようにホバリング垂直降下したが、自作カンザシがまた曲がった。
ASW27BでもDSトライ。それなりに加速しノーバラストでもかなり主翼がしなった。
-- 続きを読む --

category: グライダー

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

雪が残る大山 


2006.05.01
Mon
10:02

karasugasen

連休中日。鳥取花回廊行きを口実に、途中寄り道して大山の麓、鏡ヶ成に立寄った。ロッジで昼食後、広場でSAL機を一投げ。天気が良く、風があったがサーマルが多発していて結構楽しめた。
バックの尖がり山は烏ケ山(カラスガセン)と言うそうだ。

e-sal1

-- 続きを読む --

category: 国内旅行

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top