ソアリング & セーリング日記 2006年02月

01/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28./03

ASK21 


2006.02.28
Tue
09:24

リンケージ

エレベーターリンケージを見てみると、長さ調整の為の‘く’の字に曲げた部分がバネのように変形してサーボの動きが十分伝わっていない事が判明。T尾翼上部への配索の為、ピアノ線を1mmから0.8mmにしていたので余計に剛性不足になったようだ。
(剛性は直径の3乗で効いてくるから0.83=0.512と半分になっていた)
そこで‘く’の字部分をカットして1mmピアノ線をロッドストッパーで継ぎ足して、直線に直して一件落着と思ったが、未だヒステリシスが残っている。
ホーン

エレベーターを手で動かして見ると、ダウン状態にすると、何とホーンがラダーと接触しているではないか。ホーンを削ってやるとエレベーターの動きは非常にスムーズになりヒステリシスはほとんど無くなった。
スポンサーサイト

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

飯田河川敷 


2006.02.26
Sun
22:30

ASK211

昼過ぎには雨が上がったので、4時頃から河川敷へ。先週小破したASK21の調整を行った。
ブラシレスパワーは申し分ないが、2つ問題がある。
・モータオンで強いダウン傾向。ダウンスラストはそんなに大きくはないのだが…。
・ピッチコントロールが非常に難しい。水平尾翼を実機のスケールに合わせて小さくした性かな?後でエレベータ舵角を見てみるとエレベータアップがかなり少ない。ATVを見ても上下とも100%で問題ない。⇒D/Rを見てみたら何とダウン80%、アップ35%になっていた。
・リポ電池が思ったより持たず、調整は来週に持ち越し。
-- 続きを読む --

category: グライダー

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

大串 


2006.02.25
Sat
20:29

大串

ほぼ1ヶ月ぶりの大串は3m前後の東風で、絶好のコンディションだった。ところが何とスロープの笹がきれいさっぱりと刈り取られているではないか。着陸が非常にヤバそう!(さぬき市の予算が余程余ったのかな?)少し下に刈り取った笹を積んでいる所に下ろすか、芝生広場へ下ろすかしかないが、まだ馬返よりは着陸条件は良い。
まずイレーザー。修理で翼表面がかなり荒れていると思うのだが終始いい風切音が出て気持ち良く飛ばせた。市原さんのRadinaが芝生広場に着陸したのに続きイレーザーも無事着陸。
寺田さんはスカイウオークに続きミストラルを飛ばし、無事笹山に着陸。ミニグラファイトもフルバラでいい飛びだったが、こちらは風切音はあまり出なかったな。
-- 続きを読む --

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

飯田河川敷 


2006.02.19
Sun
20:33

ASK21

雨かと思っていたが何とか持ちそうなので、早めに河川敷へ。写真は5年ぶりにメカを積み直し、パワーユニットをブラシレス化したASK21。2度目の着陸が少しハードで軽くノーズが接地、胴体前部が割れてモータが飛び出してしまった。
原因は最初の着陸も荒く、衝撃でエレベータサーボベッドの接着が剥離していたのを知らずに飛ばしたため、エレベータヒステリシスが大きくなっていた為。ピッチングがひどいなと思い乱高下しながら下ろし、結果、ノーズの接地となった。
教訓:サーボベッドの接着にはエポキシを使わず、硬化後も弾性があるシリコン系接着剤を使う事。T尾翼エレベータリンケージのヒスも十分に調整して少なくしなくてはいけない。
今日は 寒かったが風はほとんどなく、荒れた天気ではなかったが、他にも村山さんのUrbanが墜落と言う痛いハプニングがあった。
-- 続きを読む --

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

土器川 060222 


2006.02.12
Sun
20:07

dokigawa

市原さんと共に久しぶりに土器川に出かけた。昨日はいい天気だったのに、今日は曇り空に北西の風がかなり強く、ウインチラインが2度も切れると言うハードなコンディションだった。写真は篠原さんの新鋭機 ユーロファイアー。
瀬戸大橋を渡って星島さん達も見えていたのでウインチは5台もセットされていて曳航練習条件は完璧だったのだが、11時過ぎには雨になり、我々は早めに終了した。
今日の曳航は1回目は離脱後の上昇角度が浅すぎ。2度目は立ち過ぎでどちらもNG。滞空は6分、7分だった。もっと練習しないと…。
-- 続きを読む --

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

建国記念日の飯田河川敷 


2006.02.11
Sat
18:06

manba

建国記念日。トリノでは冬季オリンピックが始まった。
昼までは天気も良く、西風が強いので五瀬山にでも行こうかと思ったのだが、急な案内では皆の都合がつかず、4時頃には風も落ちたので川に出かけた。
写真は藤目さんのマンバ。パワーユニットをリポ+ブラシレス化して300g台に軽量化されていて軽快な飛びを見せていた。今日は西風が4mほどありニカド電池の時くらいの重量の方が据わりが良いとの事だった。
私も先週に続き、Urbanに搭載した2セルリポ電池のテスト。追い充電なしのまま、車の温風で人肌ほどに暖めてやると、先週よりずいぶんパワフルに感じられた。ニカドの時には必要なかったモータラン時のエレベータダウンミキシングを15%ほど入れて飛ばし易くなった。
最後に風も落ちたのでSAL機を飛ばしたのだが、不覚にも岸に届かず
尾翼が水浴びし、ラダーサーボが外れて終了。
いつの間にか立春も過ぎ、日没がずいぶん遅くなった。
-- 続きを読む --

category: グライダー

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

飯田河川敷 


2006.02.05
Sun
19:22

午後から風が落ちたので、今日は河川敷。久しぶりに村山さんが来ていて新作のUrban2号機の初飛行。2号機はノーマルのラダー機で軽く、4.8V用モータの採用もあってパワフルなクライムを見せていた。
Urban murayama


私も年末に初導入したリポ電池のテストにUrbanを引っ張り出した。リポは2セル7.2Vで、ニカド7セル8.4Vと同等か少し強い引きが感じられたが、未だまだ垂直上昇とまではいかず、大径ペラや3セル電池とのマッチングが必要と感じられた。Urban 2機

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

立春の峰山 


2006.02.04
Sat
20:30

峰山

家の周りでは無風に近かったのだが、峰山に上がると3~7mの順風だった。風は冷たいのだが日差しがあって思ったより暖かで、ハイキング途中のおじいさんと孫娘、もう一人のおじいさんと3人のギャラリーを得てBatを投げた。
bat上

リフトは十分で、アクロ何でもありの状態。機速もずいぶん早い。正圧空域ばかりではあるが、DS風に大きく縦回転させるとかなり加速が得られた。
-- 続きを読む --

category: グライダー

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top